歳を重ねた今だからできる。
戻すのではなく、20代では出せなかった「大人艶」な私に「進化」しよう。

大人艶とは?

・若い頃よりお肌のきめが細かく、しかし若いころと変わらず肌状態をキープ。
むしろ、それ以上に艶っぽく、その状態が、昔よりキレイ。

お顔のプロポーションが良い。

大人艶な「お顔のプロポーション」とは
  • 若さをキープするための
    ポイント

    □鼻の下の長さ

    □唇の厚み

    □頬のボリューム

    □目と眉毛の幅

  • 今より良い状態に
    するためのポイント

    □顔がよく動き、表情が良い

    □立体感があるが、凹凸がありすぎない

    □適度に丸みがあるが、シャープである

お顔のプロポーションづくりに必要な3ステップ

1.正しい位置へ / リセット

筋膜・筋肉を正しい位置に戻し関節や骨に良い影響を与え正しい位置・状態にリセット

2.立体感メイク / 鍛える

筋肉を鍛え、筋肉繊維を太く丈夫にすることでお顔の立体感をつくる

3.筋肉へ信号を / イメトレ

なりたいお顔のイメージを脳にインプットさせ脳から筋肉へ信号を送る

※イメージトレーニングの略

筋肉筋膜・関節・脳の3つの関係に着目

お顔のプロポーションを左右する“根本原因”は
「筋肉(筋膜)と関節と脳の関係性」にありました。

お顔のプロポーションの肝は
“筋膜”です

筋肉は脳からの司令で動きます。脳にその情報を送るのは関節。関節は「日常的な間違った筋肉の使い方」による「筋膜の状態異常」により、歪み・ズレが生じます。関節がズレると、脳に正しい情報を伝達させることができず、筋肉は脳からの司令を受け取りにくくなることで正しく動けずに衰退し、その結果、お顔のプロポーションの崩壊につながることが分かりました。

筋膜とは?

筋膜はコラーゲン繊維と弾力繊維からできた、全身タイツのように身体中を張り巡り、筋肉・骨・神経・血管・臓器と結びつき、各組織が適切な位置にあるよう支えてくれる重要な組織です。

大人艶になれない“老け顔“ロジック
一覧に戻る

PAGE TOP